婚約指輪で人気のデザイン

婚約指輪はどんなデザインが人気なのでしょうか?

一粒のダイヤモンドがセッティングされているデザインが人気がある様に思われがちですが、その他にも人気デザインがいくつかあります。

多くの人がイメージする婚約指輪のデザインはソリティアと言います。

宝石を一粒セットしたリングですね。

シンプルですが飽きがこないし、立て爪のデザインやアームの太さなどで雰囲気を変えることができます。

高級感あるデザインで、定番でもあり、不動の人気があります。

メレというデザインはメインの宝石の脇にメレダイヤをセットしたものです。

メレダイヤがキラキラするのでメインの宝石をより華やかな雰囲気にしてくれます。

メレダイヤの数を変えることで雰囲気を変えることができます。

パヴェというデザインはメインの宝石以外にアームの全周にメレダイヤをセットしたものです。

どこからみてもキラキラしてゴージャスな印象です。

メインの宝石を作らず、全てをメレダイヤでセットしたデザインもあります。

エタニティというデザインは同じサイズのダイヤを並べて永遠をイメージさせたものです。

一周ダイヤがセットされているのをフルエタニティ、半周の場合をハーフエタニティといいます。

華やかながらも、控えめな印象もあるデザインです。

婚約指輪の人気のデザインはソリティアだけではなく他にも様々、自分の好みや手の雰囲気に合わせてより良いデザインを選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加